本文へスキップ

エコサンテ液・ES大豆発酵生産物の発酵臭は短鎖脂肪酸です。【腸内細菌・腸内環境改善】

エコサンテ液のできるまでprocess

生命の代謝活動

微生物は栄養である炭素源(ブドウ糖)・窒素源(アミノ酸等)を体内に摂取して、それを分解したり、それをもとにしてまったく別の物質をつくったりしながら、その過程で生じるエネルギー(熱量)を得て生き続けています。

このことは人間もまったく同様で、人間は穀物を炭素源として摂り、その穀物中のデンプン(ブドウ糖の重合体)を唾液や胃壁から分泌される糖化酵素で分解し、生成されたブドウ糖をもとにして、さまざまな代謝が行われ、そのエネルギーで生きています。

また、肉や魚や牛乳や豆腐などにはタンパク質(アミノ酸の重合体)が豊富に含まれていますが、人間も微生物もそのままの形では代謝に利用できず、これを分解する酵素(たんぱく質分解酵素)が働いてアミノ酸を生じ、そのアミノ酸がはじめて代謝に利用されるのです。

したがって生命を持つものは、必ず体内に酵素が必要になります。基質(分解されたり作用を受ける物質)があると直ちにそれに作用して、さまざまな物質を分解したり合成する、不思議なたんぱく質酵素は、生命も持ちません。
醗酵は、さまざまな代謝時につくられる代謝物質を、人間が巧みに利用した技術です 。


発酵生産物の菌対外分泌物

上記のように人も微生物も酵素作用により栄養源をエネルギ-として利用しているのですが、そのエネルギー代謝は体内・菌体内において、さらに様々な酵素によって変化していきます。 (微生物からは1000種類もの酵素が発見されています)

例えば、清酒・ビールなどの酵母によるアルコール発酵がありますが、その経過はというと、細胞壁と細胞膜を通過して菌体内に入ったブドウ糖はまずグルコース -6‐ 燐酸となり、次いでこれがフラクトース ‐6‐ 燐酸に変化。さらにこれがグリセリンアルデヒドになって・・・というように次々に変化して、ついにはピルビン酸からアルデヒドがつくられ、それが還元されてエチルアルコールが最終産物として体内に蓄積されるのです。

そして、菌体内にアルコールが次から次に溜まると、酵母の生理作用にとって有害となってくるために、今度はアルコールを細胞膜と細胞壁とを通過させて菌対外に放出するのです。
したがってアルコールは、酵母にとってエネルギー獲得反応の結果生じた排泄物のようなものでありますが、しかしこれが人類にとって、酒という偉大な文化をつくらせたのです。
この原理を応用して造られたものがエコサンテ液です。

一次発酵 二次発酵タンク 二次発酵中 三次発酵タンク 三次発酵中+熟成
 一次発酵
乳化物(豆乳)
+培養菌
 二次発酵タンク  二次発酵中  三次発酵タンク  三次発酵中+熟成

自然の理がつくる調和の世界から熟成3年、ES大豆発酵生産物エコサンテ液は誕生します。
エコサンテ液は短鎖脂肪酸そのものです。


ショップ情報

喜びをお届けする
健康生活配達館デリバージョイ

〒466-0858
愛知県名古屋市昭和区折戸町6-12
健康生活配達館トップページへ
フリーダイヤル.0120-760-172
TEL.052-761-0175
FAX.052-761-0172

→ショップ案内