本文へスキップ

健康生活配達館 デリバージョイはアガリクス茸仙生露・超臨界プロポリスのショップです。

アガリクス茸WHAT AGARICUS

アガリクス茸とは?

アガリクス茸とは、学名を[Agaricus blazei Murill]という、担子菌類のきのこです。 このキノコには、ほかの植物にはみられない多くのミネラルやビタミン、酵素が豊富に含まれています。

原産地は南米のブラジル、ピエダーテ地方の山中です。 このキノコが注目されるようになったのは、アガリクス茸を常食とするピエダーテ地方の人々が長寿であり、成人病発生率が極端に低く、先進国の人たちが苦しめられている病気と無縁だったことを不思議に思ったアメリカのペンシルバニア州立大学のW.Jシンデン博士とランバート研究所のE.Bランバート博士たちが研究、究明したからです。

その結果アガリクス茸には他に類を見ない貴重な成分が多数含まれていることがわかり、夢のような驚くべき研究成果の発表でありました。 また、アガリクス茸は昼と夜の温度差が大きく、しかも湿度80%という独特の気候条件のみで成育する大変貴重なキノコで、珍重されています。

アガリクス茸の研究について

アガリクス茸は、アメリカの科学者による研究発表が行われ、まずアメリカで脚光を浴びました。
日本においてもアガリクス茸に関する研究発表が、日本癌学会や日本薬理学会で行われました。

さらに、日本農芸化学会、糖質シンポジウム、日本獣医学会、最近では、日本代替・相補・伝統医療連合会議(JACT)などで研究発表があり、アガリクス茸仙生露の研究では、多糖体の他にも数種類の新規有効成分が発見され〈特許出願中)、注目されています。

アガリクス茸の食効は、これらの有効成分の総和として顕れており、今後ますます研究が進んで行くものと思われます。各種の学会で、「アガリクス茸仙生露」や「ABMK低分子抽出物」に関する研究発表が相次いで行われています。

身体のはたらきを高める

生物の体には、進入してきた病原菌・取り入れられた有害物質・遺伝子が傷つけられて生じた細胞などを撃退する免疫システムが備わっています。
生命を宿さない、ただのタンパク質のかたまりであればバクテリアなどの微生物によって腐敗分解されてしまいますが、生物体はこの免疫システムによってミクロの外敵と熾烈な闘いを繰り広げてこれらの外敵の侵入を防ぎ、また排除して生命を維持します。

健康な人は免疫システムが健全に働いていますので、なんの問題も有りませんが、多くの人は多様なストレス・バランスの悪い食生活・大気汚染などの公害等々によってこの免疫システムが崩されて、いろいろな疾患に悩まされているのが実状です。

キノコの持つ多糖体は免疫作用を活性化する作用が有ると言われていますが、
アガリクス茸は他のキノコに比べて特にその免疫力を活性化する作用が高いのです。厳しい環境下にある現代人にとって、アガリクス茸は理想の健康食品と言えるのではないでしょうか。

ショップ情報

喜びをお届けする

健康生活配達館
デリバージョイ

〒466-0858
愛知県名古屋市昭和区折戸町6-12
健康生活配達館トップページへ
フリーダイヤル.0120-760-172
TEL.052-761-0175
FAX.052-761-0172

→ショップ案内